おっとりゆっくり、自然の中の暮らしの様子。
by madam-kuma
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みるたんの暮らしぶり

またもやおトイレ話でごめんね。
c0134940_1455471.jpg

みーちゃん、やってます、やってます。
トイレに居ながらにして、にんじんの立派な葉っぱが気になって
半分伸びだして食べてます。
でも、食べに行くほどでないというか、やっぱりトイレでゆっくりしたいらしく、
半身トイレから降りて少し食べては、体を戻してトイレに落ち着きます。
みーらしいです。
子うさぎの頃から、こういうちょっとおもしろいことしていました。

最近のみるたんは、大変きちんとしていて、ケージから出ている最中でも
ときどきケージに見回りに戻りつつ、ちゃんとトイレに乗って(出してから)、
またケージから出て遊んだりくつろいだりしています。
なんだか驚き。
人間が便利のために用意したトイレで、うさぎがそこでトイレしたいと利用する。
こういうのっておもしろいです。
うさぎは、自分がしたいと思ったことしかしません。
犬みたいに飼い主が喜ぶから何かする、っていうことはないです。
だがらしつけはあんまりできないのだけど、うさなりに生活ルールがあるみたいです。
ただ食べることだけしか考えてない、ぼんやり暮らすばかりではない。
それでも、うつらうつらと寝ている時間が多くて、人間とは毎日暮らし方がだいぶ違っている。
みるたんの、くつろぐ様子を見て、今は心地良いんだなと思うとうれしくなります。


みーを後ろ側から見たら、両目が見えるんです。
画像があれば良いのですが…(最近カメラ持ってくの忘れてて。)
目が横に出てるんですね。
草食動物は敵の動物をすぐ発見できるように視野がすごく広いらしい。
いっぺんに前も後ろも、左も右も見えてるのかなーー。
いったい、どんな風にみえるんだろう。
見ている世界も、私とはだいぶ違うのね。


今日はご近所さん二人がハウス前でおしゃべりしているのが聞こえて、
「かーわいいーよね」
「このうさぎはね違うのよ、目がおっきいの」
「ねー、みーちゃん」
なんてしばらくいろいろと話していて、褒められているらしく、すごくうれしくなっちゃった!

みるたんは、通りがかりのご近所さんたちにもいろいろと呼ばれているようです。
・北隣さん、北西隣さんなどなどは「みーちゃん」
→ミルフィーユ、というのは覚えにくいかとおもい(うさぎに洋菓子のミルフィーユというのがちょっとはずかしい気分もあって)「みーちゃんです」と紹介して。

・西隣さんには「めいちゃん」
→私が歯の矯正器具をつけていて、みーちゃんと言っているのにめいちゃんと覚えられてしまった。
お友達にも「めいちゃんっていうのよ」って紹介してくださって、まあそれでもいいかと。

・毎朝犬の散歩で通るご夫婦は「うーちゃん」

・前にももちゃんといううさぎを飼っていた犬連れの人は「ももちゃん」

みるたんは、けっこういろんな人に楽しみに見てもらってるようです。
ごまは、あんまり気づいてもらえてないみたい。

そうそう、最新画像の用意がないけど顔の模様は「へ」から今は「し」になってるよ。(→Nちゃん)
頭の上や、顔の毛を引っ張ると、ぼっそぼっそと取れます。
ゆっくりですが、どんどん模様替え中。
[PR]
by madam-kuma | 2008-07-21 15:57 | ミルフィーユ

毛皮のものたちには暑かろう

夏らしく、暑ーくむしむしとしてきましたねぇ。
うちのビニルハウスの住民たちは、大丈夫なのかしら。

朝起きて日が照っていると、パジャマのままだけどちょっとハウス環境を確認しに外へ。
東の横から日が差してくるので、天井のカーテン布だけではみるたん家は日なたになってしまうので、ケージの東側に板で日よけをしました。
一応、日中はほとんど日陰になっているので、風が抜ければわりと暑くなってないみたい。
日が当たるのは朝の数時間です。

最近のみるたんは見に行くとたいていびろーんと伸びています。
あまりに暑くてがくがくゆれてる、というほどではないようです。
暑すぎると、犬がハッハッとするように、耳を上にぴんとして息があらくがくがくするのです。

ちなみに文鳥は暑い地方の鳥なので、うさぎよりは比較的大丈夫そう。
それでも暑すぎると、くちばしを開けているようになります。

人間は汗をかいて熱を逃すけど、毛皮や羽に覆われてるものは口ではっはと熱を発散しようとするみたい。
うさぎはそれに加えて耳の表面で冷まそうとしているみたい。
毛皮は夏毛といっても相当のものを着てる。薄手のセーターくらいかな。

このハウスで、快適に夏を越せますように。
快適に、は難しいか。夏はエアコン無しだったら暑くて当たり前だしね。

それにしても冷川のおうちで自由に暮らして、みるたんは前より丈夫で健康そうになりました。
不思議と性格もおっとり穏やかになったように感じます。
もう6才だからなのかな?
私が掃除するときは待ってましたとばかり、すぐ横にきてずーっとなでられています。
遊びまわったり穴を掘ったりするよりもまず先に、ゆっくりとなでられたいみたい。
そうして安心しきって満足すると、横っ飛びジャンプしたりご機嫌です。

みるたん、この前はしゃっくりらしきものをしていて、ひこっひこっとやっていました。
それで、くつろいでいるところをお腹を「ほいっ」と手で突いておどかしてやったら、しゃっくり止まった!
うさぎにも通用するなんて、おもしろい。
[PR]
by madam-kuma | 2008-07-13 17:04 | ミルフィーユ

あじさいいっぱい…ご近所編

c0134940_12341923.jpg

そろそろ梅雨明け間近、でしょうか?
久々の晴れ間の7月2日、歩いて5分のところのあじさい庭園へお散歩してきました。
今年のあじさいも、そろそろ見納め。
青と赤紫の、水彩模様。
c0134940_128522.jpg

お友達のMちゃんを思い出す、白い白いあじさい。
c0134940_12221369.jpg

だんなさんは、こういうのが好みだって。
c0134940_12232334.jpg

命名してみた。「ラムネ味の星型金平糖」
c0134940_12233858.jpg

こんな赤いがくあじさいもありました。
女っぽくてかわいい。
c0134940_12235673.jpg

日がさすと、暑い暑い夏はもう間近。
c0134940_12545150.jpg


ちょっとひと休み。
木陰になっていて、見晴らしのいい、腰掛けられる展望デッキがありました。
ここからは海も一望できて、ほんとに気持ちいい!
(この日は白くかすんでいて画像では海はよく見えないみたい)
ぐるっとあじさいに囲まれています。
c0134940_1251492.jpg


最後に、つぼみの姿がすてきなキキョウも。
c0134940_12533997.jpg

[PR]
by madam-kuma | 2008-07-06 13:05 | きれいなもの

ちいさなお友達

今日は、うさぎのミルフィーユと一緒にビニルハウスに住んでいる
ちいさな同居者を紹介します。

c0134940_11454445.jpg桜文鳥の『ごま』。今年3才になります。
「ちゅっちゅっ」とか「ちゃっちゃっ」といいます。

ごまは、お世話係の私の「手」が
大好きなようです。
ごまちゃんはメスなので、私は男役
なんでしょうか。。
とっても相手に依存して甘えたい、
カワイイ女タイプ。

春の恋の季節には、私の手が掃除しに
入ってくると、身を低くして尾っぽをびゅーっと
振って、発情してしまいます。
卵を産んじゃったことも。

お掃除しようとして鳥かごに手を入れると
忙しく動いているのに構わず乗ってきて、くつろごうとします。
「お掃除済んでからね、あとでね」
って言ってひとまずどいてもらうのですが、
あとで「ごま~、はい、乗るかい?」と手を広げて見せても
もうそのときは眠たくなっちゃったみたいでウトウト…

いろいろかわいいごまちゃんですが、カメラを近づけると怖がってバタバタしちゃうので
かわいい一瞬をとらえるのがなかなか。
文鳥はほんとにちいさくて(25gくらいらしい)、こんなにちいさなものが
毎日寝たり起きたり、甘えたりくつろいだり、私の手にとまったり、
そばで暮らしてるのがときどき不思議な気分です。

頭が黒と白のまだらで、ごま塩みたいなの。
[PR]
by madam-kuma | 2008-07-04 12:22 | ごま