おっとりゆっくり、自然の中の暮らしの様子。
by madam-kuma
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


ちいさなお友達

今日は、うさぎのミルフィーユと一緒にビニルハウスに住んでいる
ちいさな同居者を紹介します。

c0134940_11454445.jpg桜文鳥の『ごま』。今年3才になります。
「ちゅっちゅっ」とか「ちゃっちゃっ」といいます。

ごまは、お世話係の私の「手」が
大好きなようです。
ごまちゃんはメスなので、私は男役
なんでしょうか。。
とっても相手に依存して甘えたい、
カワイイ女タイプ。

春の恋の季節には、私の手が掃除しに
入ってくると、身を低くして尾っぽをびゅーっと
振って、発情してしまいます。
卵を産んじゃったことも。

お掃除しようとして鳥かごに手を入れると
忙しく動いているのに構わず乗ってきて、くつろごうとします。
「お掃除済んでからね、あとでね」
って言ってひとまずどいてもらうのですが、
あとで「ごま~、はい、乗るかい?」と手を広げて見せても
もうそのときは眠たくなっちゃったみたいでウトウト…

いろいろかわいいごまちゃんですが、カメラを近づけると怖がってバタバタしちゃうので
かわいい一瞬をとらえるのがなかなか。
文鳥はほんとにちいさくて(25gくらいらしい)、こんなにちいさなものが
毎日寝たり起きたり、甘えたりくつろいだり、私の手にとまったり、
そばで暮らしてるのがときどき不思議な気分です。

頭が黒と白のまだらで、ごま塩みたいなの。
[PR]
by madam-kuma | 2008-07-04 12:22 | ごま
<< あじさいいっぱい…ご近所編 今、したいことはごはんじゃなくてよ >>