おっとりゆっくり、自然の中の暮らしの様子。
by madam-kuma
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:音楽( 2 )

小田原フィル定演へ。

このブログは私の友人に見ていただいているという気楽さもあって、
ブログ自体のテーマが全くなく、自身のきまま日記のようになっていて
つれづれなる内容ですが、見てくださってありがとう。


昨日の日曜日は、小田原フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会へ行ってきました。
伊東市から、はるばる車で小田原まで。
アマチュアオケだから、と思って行ったけど、失礼しました、とっても楽しめました♪
ブラームスの交響曲第1番がメインでした。
ブラームスは、CDより一期一会の生演奏がいい。重みがあってそれがリアルに自分に関わってくる感じ。その同時性がよいのです。


私は学生のころは吹奏楽をしていたり楽器の個人レッスンに通ったり、ほんとに音楽にひたりきった暮らしぶりでした。
それは自分が演奏するほかにも「聴く」のがすごく好きで「音楽聴き人」という言葉を考え、
名刺を作るなら肩書きはこれだなと思っていました。(ほかに肩書きになるものないし)
聴いていて、これ!こういうの!というツボがあって、生きてるってすばらしいーなんて思う
瞬間が味わえたのでした。

最近はどうかな。ツボがはっきりしなくなってる気がするのです。
これ!っていうものを限定しなくなってきている。もっと多様なものを受け入れてみたい。
そんな感じなのでしょうか?
そんな難しいことじゃなくて、ワガママな気分があんまり出てこないような。

音楽を冷静に聴いている自分がいます。
学生の頃にはなかった感覚。冷静にちゃんと聴く(?)ことに憧れていたなぁ。
「音楽聴き人」ではなくなったわけじゃないみたいです。

だけどなにか今の自分にツボなものも見つけたいなー
[PR]
by madam-kuma | 2008-11-17 17:46 | 音楽

久々の演奏会へ

昨日、夫婦ふたりで大変久しぶりに室内楽の演奏会に行ってきました。

茅ヶ崎ラスカの催しで、『管楽アンサンブルの祭典』というチャリティーコンサート。
場所は茅ヶ崎市民文化会館小ホールです。
(このリンク先のページがいつまで存在するかわからないですが)

クラリネットの赤坂達三さんの仲間の木管五重奏とピアノです。
ほぼ満席で、観客がいーっぱい!小ホールと言っても中ホール以上はある感じです。
懐かしく、またとっても楽しかった♪

それに、いい!と思う音楽も変わってきているなぁと実感しましたよ。
若い学生の頃とツボが違ってきて、同じ人間でも内容が年相応に(?)変化していくのが自然なのかな。と。
何だか焦点がぼやけてきているようにも思うけど。

楽器の音ってやっぱり楽しい。
木管五重奏はとくに好きなのです。


以前厚木に住んでいた頃は、茅ヶ崎も行ったことがなくて平塚でも遠いーと思っていました。
伊豆に住んで車にだいぶ慣れたし(街中より伊豆みたいなところのほうが運転がずっと楽です)、距離感が以前とはだいぶ変わってきました。
車で片道2時間半ほど。ふたりで交代で運転していきます。

茅ヶ崎駅付近の中心街で一方通行だらけの道に入り込んでしまったり、平塚で食事しようとして
またこちらでも駅付近の路地でぐるぐるして、車でまるで巨大迷路体験も。
それでも、海沿いの長距離ドライブはとても気持ちよかったです。
一緒にはるばる旅してくれた旦那さんに感謝です。
[PR]
by madam-kuma | 2008-10-18 14:27 | 音楽